更年期障害になる原因は

更年期障害の原因と処方

男性更年期障害(LOH症候群)

 

こういった名前で呼ばれるようになったのはつい最近の事になります。
少なくとも、私がこの病気に陥った頃には、存在していなかったと思います。

 

女性の場合は、更年期障害は世間で認知されていましたが、男性の場合は認知どころか
話題にもならない時代でした。

 

男女共、ホルモンの減少から、自律神経に悪影響を及ぼし身体、心の変調が起こる
実にやっかいな病気です。

 

身体の不調から、全身倦怠感、無気力の症状が、傍目から見ても理解るようになると、会社から、家庭から、
世間から、働きの悪いダメな男だと思われるだけの時代でした。

 

あいつは”上司の目を盗んでさぼっている”などと、同僚からは疑われたりします。

 

そういえば、私の親戚にも40歳を超えてから会社を辞め働かずにいたおじさんがいましたが、今になって思えば
あれは怠け者では無くて、更年期障害という病気だったのかもしれません。
まだ周囲の理解が無い時代でした。

 

でも男性の更年期障害は最近でこそ、聞きますが、認知されているとはまだ言えない状況にあります。

 

最低でも、家族には病状を告白して理解を求める方が良いと思います。

 

世間から陰口を受けようと、家族の支えさえあれば乗り切れるはずです。

 

 

更年期障害サプリ 

更年期障害の原因

 

更年期にさしかかる年代というのは、社会的にも責任が重く、家庭でも子供の教育費などがかさみ、数えきれない
ほどの、重圧がかかってくる年代になります。

 

そのストレスからの副腎の疲労が更年期障害を引き起こす原因だと言われています。

 

副腎皮質はエストロゲンやプロゲステロンの生成を行っています。

 

女性の場合は卵巣ホルモンのエストロゲンの変調が、男性の場合は精巣ホルモンのテストステロンの変調が、更年期の主な原因になっています。

 

どういったタイプの人がかかりやすいのか

 

ストレスをストレスとして感じやすい人、責任感が強く、真面目で几帳面、せっかち、これらの特長を持っている人間が
かかりやすいと言えます。

 

しかし、加齢によるホルモンバランスが原因で起きる病気ですから誰にでも起こると考えた方が良いと思います。
症状が軽いか、重いかだけの違いです。

 

 

 

「朝、疲れが取れずになんだかだるい」

 

 

 

「やる気が起きない」

 

 

 

「何かか心配で眠れない」

 

 

 

「性欲が湧かない」

 

 

これらの兆候を感じるようになったら要注意です。

 

事実私は、几帳面でもせっかちでもありませんでしたが、病気になりEDにまでなりました。

 

男性ホルモン(テストステロン)などは食事から摂取するのは無理がありますので、サプリで補う事が大切だと思います。

 

50歳を超えている男性の場合は、
ハーブ成分を含まず、高濃度のビタミンとミネラル、アミノ酸、必須アミノ酸が配合された

 

「FORCE PREMIUM」が一押し、お勧めです。

 

30代、40代ぐらいの方は
「GHプレミアム」「シトルリンXL」が私の経験上からお勧めですね。

 

男はいつまでも現役でいたいものです。

 

更年期障害なんかに負けないで、前を向いて何事にも積極的に生きて行きたいものですね。