僕の更年期障害とうつの克服 ついでにタイの風俗とオキニ(彼女)の事も

若い人でも要注意 若年性更年期障害

一般的に更年期とは、女性に限っていえば閉経の前後からホルモンバランスの変化による、自律神経の乱れによって引き起こされる身体の変調であり、これから老化へ向かうサインとも言われています。

 

男性にも更年期があると認識され始めたのは、つい最近の事です。

 

男性であれば男性ホルモン(テストステロン)の加齢による減少であり、女性であれば閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲンの量が少しずつ減って、それが元で更年期障害に陥るとされています。

 

いずれも50歳前後の男女に更年期は訪れます。

 

若年性更年期障害とは

年代として20代から更年期障害によく似た症状が出ることが確認されています。

 

顔の火照り、動悸、手足の冷え、頭痛、イライラ、不安感、肌荒れ、仕事への意欲の減退、集中力の低下

 

好奇心の減退、疲れやすい、食欲の低下 など。

 

年齢が若いだけに、周囲からは仕事にやる気を見せない、サボリ癖のある人間だと誤解を招く事があり、それが本人に追い打ちのストレスになり、さらに症状が悪化していくという負の連鎖に陥ります。

 

若年性更年期障害の原因は

すべての元はホルモンバランスの乱れです。

 

男性であれば男性ホルモン(テストステロン)

 

女性はエストロゲン

 

通常であれば、分泌の盛んな年代に、このホルモンの減少が何故起きてしまうのか?

 

この年代は、出産、子育て、仕事へのプレッシャーなど様々なストレスにさらされます。

 

そこへ、

 

無理なダイエット

 

暴飲暴食による肥満

 

重度のストレス

 

が加わるとホルモンの機能低下が起こり、中高年で起きる更年期障害と同じような症状が現れるのです。

 

若年性更年期障害の治療は

 

ストレスからの解放が一番のクスリですが、そうも言ってられないので・・

 

1.ホルモン補充療法(HRT)…医者でホルモン注射を行います。

 

2.減ったホルモンをサプリメントで補う

 

3.生活習慣や食事で体質を改善する。

 

当サイトの趣旨から、医療機関でもホルモン注射はできるだけ避けたいところ、あくまでも最終手段だと考えています。

 

まずはサプリで減少したホルモンを補ってやることが大切だと考えています。