伊勢神宮へ神頼み

伊勢神宮へ病気回復祈願へ行った

伊勢神宮は我が家から車で3時間強で行くことが出来る観光スポットです。

 

20年に一度の「式年遷宮」が行われてから、急激に観光客が増えてあまり行くことは無くなっていました。

 

無料だった駐車場も有料になりましたしね、(最初の1時間は無料です)
おかげ横丁

 

おかげ横丁でいつもの豚捨のコロッケで腹ごしらえします。
松阪牛

 

何故、こんなにお伊勢参りがブームになったのか

20年に一度の「式年遷宮」がキッカケではありますが、2011年の東日本大震災で、日本人の意識が変化してきたためだと思っています。

 

日本人としてのなにか心の拠り所、そして家族への思い、感謝が人々を伊勢神宮へ導いたのでしょう。

 

日本人なら死ぬまでに一度はお伊勢参りをするのが願いだと古来より言い伝えられています。

 

さらに拍車をかけたのが、マスコミによるパワースポット特集でしょう。

 

 

神聖な空気感漂う

伊勢神宮

 

五十鈴川にかかる橋を渡ると内宮の敷地に入り、手尺水で手を洗い、口をすすぎ身を清めます。

 

このあたりは巨大な杉の木に覆われており、真夏でも涼しく空気が清い印象を受けます。

 

 

清め

 

森林浴

 

皇室の御祖先の神である天照大御神を祀る社にお参りして帰途につきました。

 

参考までに
伊勢神宮を出て、賢島方面へ行く山越えの道があります。通称「伊勢道路」国道32号線です。

 

2つ目のトンネルを抜けて下っていくと、神路ダムの手前右側に、天岩戸の神隠れで有名な祠があります。
ただ車は止めることは出来ません(危険なので)

 

この日は、マンボウが見たかったので志摩マリンランドまで足を運びました。

 

次は鬱病を発症したキッカケとは