ダイエットに関しての間違った知識

糖質と糖類、炭水化物の正しい知識

一念発起して糖質制限ダイエットを始めた管理人。

 

自分の体重や血糖値を正常に保つ事は、更年期予防やうつ病予防にも大切な事だと考えています。

 

つまりホルモンバランスを崩さない事が肝心なのです。

 

 

通常の人だと、私もそうでしたが一週間ぐらいで禁断症状が現れ、無意識にお菓子などをつまんでしまう時があります。

 

手元にお菓子類を置かない事が肝心なのですが、なかなか難しいところです。

 

捨てても我慢出来なくなり、コンビニまで買いに走る始末。

 

口寂し時には”都昆布”で凌いでいたが、やっぱり甘いものが食べたい。

 

そこで調べていくと”糖質”と”糖類”という言葉にぶつかった。

 

何が違うのだろう、炭水化物との関係はどうなっているのでしょうか?

 

”糖質”と”糖類”

 

ダイエットや健康に関しての知識が深まってくると、”糖質””糖類”という言葉に行き当たります。

 

この2種類の単語に違いはあるのでしょうか?

炭水化物=糖質+食物繊維
糖質=糖類+三糖類以上の多糖類+糖アルコール+その他
糖類=単糖類+二糖類
二糖類(スクロース(ショ糖))=ブドウ糖(グルコース)+果糖(フルクトース)
二糖類(スクロース(ショ糖(蔗糖、しょとう)))は、砂糖の主成分。
血糖値を上げるのはブドウ糖(グルコース)のみ。

 

 

専門的に書けば以上のようになります。

 

つまり、食事でご飯、パン、麺、お菓子などの炭水化物、糖質を摂取する限り、体内の消化酵素によって分解され、必ずブドウ糖ができます。
これが血糖値を上げる原因物質なのです。
「ブドウ糖=糖類」なのですが、”糖類0g”でも、糖質が含まれていたら、体内で分解されて糖類が発生し、”糖類0gではなくなります”。

 

ビールでも、「糖質ゼロ」とうたっている商品でも、原材料を見たら糖類を使っていたり、「糖類ゼロ」とうたっている商品でも、糖質を使っていたりするものもあります。
これがいわゆる食品業界の表示制度の抜け穴と言われているものなのですが・・・残念です。

 

ただ、生物にとって、ブドウ糖は必ず必要な栄養素です。
脳はブドウ糖しか栄養源にしませんので、ブドウ糖が不足すると脳の活動が低下します。
そのため、ブドウ糖を完全に断ち切ることは危険ですのでおやめください。
重要なことは、ご自身が食べる物を通して、「ご自身で血糖値のコントロールをすること」なのです。

 

ここで当サイトでも煩雑に出てくるシトルリンというアミノ酸があります。

 

中高年の健康には欠かせないアミノ酸で人体にも自然な状態でも存在しますが、やはり加齢とともに減少してきます。

 

サプリなどで補給してやると、加齢によって硬くなってきた身体の血管を柔らかくして血液循環をスムーズにしてくれます。

 

ダイエット中はシトルリンを含んだサプリを飲んで、適度に身体を鍛えると筋肉もつきやすくなり新陳代謝も良くなります。

 

 

 

炭水化物と糖尿病

 

炭水化物を過剰に摂り過ぎると糖尿病の要因に

 

ご飯、パン、麺、菓子類の炭水化物を多く摂取すると、血糖値が上がります。
血糖値が上がるとインスリンが分泌されます。身体が必要とする以上に炭水化物を摂取すると、
過剰にインスリンが分泌され、エネルギーに変換されなかったものは脂肪として細胞に蓄えられます。
つまり、血糖値を急激に上げたり、高血糖状態が続くのは肥満や糖尿病の原因となるのです。

 

これを防ぐには糖尿病患者用の食事にするのが一番良いのですが、あまりに味気が無く病気になるまで追い詰められないと

 

実施するのは難しいでしょう。

 

私が勧めるのは、一日の糖質摂取量を160gに抑える軽めの糖質制限健康法です。

 

成人の必要糖質量は100gとなっていますので、これはクリアーしています。

 

通常、意識しないとどれぐらいの摂取量になっているのか、私の場合は320gを超えていました。

 

これを半分にしただけの数字ですが、半年で6kgの減量で、内臓脂肪が13.5から11にまで減少しました。

 

糖質制限ダイエット中のおやつの紹介

 

ネットで探していたらこんなチョコを見つけました。

 

【砂糖不使用の高級チョコレート】

 

 

砂糖不使用の高級チョコレートは救いの神でした

 

僕は無類のチョコレート好きなので、一日に食べない日はありませんでした。

 

 

 

柔らかな生チョコは好きでは無く、しっかりとした歯ごたえのあるチョコが好きです。

 

 

 

軽めとはいえ、低糖質ダイエットをやっていると無性にチョコが食べたくなる時があります。

 

 

 

その時知り合った「GRANDPOIR(グランポワール)」。

 

 

一般的に出回っている低糖質チョコレートはマルチトールという甘味料を使用しています。

 

マルチトールは結晶化しないので製造するのが容易のため、世界中で低GIチョコとして、昔からメジャーな商品です。
ただ残念なことに、マルチトールは血糖値を砂糖の5割〜3分の1は上げてしまうのです。
日本で有名な某糖尿病の権威のお医者様も、そのことを指摘されていました。

 

ですから血糖値を上げたくない糖尿病の方、または予備軍の方はエリスリトールという甘味料を使った”おやつ”を選ばないといけません。


「GRANDPOIR(グランポワール)」とは、最高峰の技術を投入して作り上げた高級チョコレートです。砂糖は一切使用せず、代わりにエリスリトールを主甘味料に使用し、十分な甘さと大幅な糖質カットを同時に実現しました。原材料であるカカオマスを世界中から厳選し、

 

さらに、高度なコンチングとテンパリング技術により、圧倒的になめらかな口どけ、濃厚な味わい、さわやかな甘みと後味で、国際規格の最高品質クーベルチュールチョコレートに仕上げました。チョコ本来の味と香りを楽しむことができます。

 

つまり糖質を抑えたくて”低糖質のおやつ”を選んでも、甘味料としてマルチトールを使用したおやつだとかえって逆効果だと言うことですね。

 

TOPページに戻る